24日 1月 2022
ジュエリー工房"ハッピーカンパニー"の制作工程は、いわゆるアナログ。これはメキシコ現地のジュエラーの技法が入り混じっており少しばかり特殊。ローカルな地で限られた環境の中、様々なデザインや作品を生み出す"彼等"から多大な影響を受けています。...
20日 1月 2022
ハッピーカンパニーのこれまでの事例やアクセサリーのフルオーダーの一連の流れをご紹介させて頂きます。理想や拘りをカタチにするフルオーダーのプランでは、唯一無二のオリジナルや世にあるモチーフから受けたインスピレーションを受けてデザインに落とし込む…等、様々なケースがあります。...
19日 1月 2022
デザインに正解はあるのか?等、時代と共に変わるモノの見え方や、個人個人の感覚の面も含めた上で、ハッピーカンパニーの軸の中で、ある種の「正解」を、お伝えできたらと思います。結論から言いますと「正解はない」と断言してしまえば、それまでですが、私個人の話であれば、基準となる軸や考え方がいくつかございます。これは持論や主観にも近いです。...
19日 1月 2022
メキシコのシルバーアクセサリーに重点を置きインスタグラムを始め、3年以上が経過。現地のローカルアクセサリーやヴィンテージ、さらに、ここの工房では、それらにオマージュを捧げて制作された特別な作品が存在します。...
17日 1月 2022
ハッピーカンパニーご愛用者の方々から、これまで送って頂いた写真をご紹介。アクセサリーコレクターの世界や、その人独自ライフスタイル、世界観を想像させる写真の数々です。
16日 1月 2022
これまで身近にあったモノの"ほぼ全てを一度手放す事"になりました。ここから物事をシンプルに考えるようになる…というより、一時的に思考が変わり今できる事を着々と進めようと…。カゴ一つ手に持ち、山奥にある工房に足を運び、自然の中でアクセサリー職人として「これまでと同じように作業に没頭する事」。モノが溢れた中に居た頃の安心感も懐かしく、失ったモノもありますが、何かを"そぎ落とす事"で視野が広がり、多少なり思考も変われば行動も変わる…、これも、ごく当たり前の話で自然現象とも捉えることができます。 ・山奥の作業場、メイキング風景 ・四季を感じる物撮り ・メキシコジュエラー(職人)の真髄 ・これまでの経緯
15日 1月 2022
アクセサリーのチェーンの形状は大きく分けて(小豆)アズキと喜平(キヘイ)の2種に分類されます。通常のアズキは円型のコマ連結したチェーンで、世に流通しているチェーンの殆どがこのタイプです。...
14日 1月 2022
針は釣り人達に共通する道具であり武器でもある。その拘りが作品に投影される。リアルでありながらも、ジュエリーならではの装飾されたデザインがポイント。 奥多摩の源流の工房で仕上げにかかっているのは沖縄の釣り人がオーナーのジュエリーです。
13日 1月 2022
近年アクセサリーやモチーフは分野問わず、個人が個性を表すモノとして存在しています。世界を見渡してもアーティスト、アスリート、エンジニア…と、例に出すと挙げきれないほど。何故このようなお話をするかと言いますと、過去の歴史を辿りモチーフやデザイン一つ取ってみても人々の捉え方が現在と過去では異なる点があるのではないかと感じたからです。まさに流行のサイクルとそれを繰り返す事で生まれる新たな進化です。 それに関係する話。メキシコ現地の職人が私を受け入れたように異なる場所であっても共存でき、食卓を囲みながら共にアクセサリーを制作してきた事。異国の地で文化をこえて通じ合えた事からも繋がります。 ヴィンテージアクセサリーの真髄からトレンドのサイクルの話にも繋がってゆく…
12日 1月 2022
世界に流通するシルバーアクセサリー。一体どのように造られているのか…。アクセサリーが好きな人であれば、そのデザインが造られるまでの仮定や製造工程など気になるところではないでしょうか? ここでは銀や鉄があたる音や擦れる音が鳴り響いています。...

さらに表示する