メキシカンジュエリーを主体にしたインスタグラムで職人の裏側や制作工程を公開中

メキシカンジュエリーの写真やメキシコ現地の情報満載

メキシコのシルバーアクセサリーに重点を置きインスタグラムを始め、3年以上が経過。現地のローカルアクセサリーやヴィンテージ、さらに、ここの工房では、それらにオマージュを捧げて制作された特別な作品が存在します。


撮影については制作場所であるハッピーカンパニーの工房、または工房から旅立ったアクセサリーのゆく先、身に付ける人個人、そこで交わる人達を写し出しています。


ここで撮影された写真はクリエイターやフォトグラファーのご協力がありながら、私自身も日頃から思い立った時に撮影。その中で私も含め、必ずしもプロカメラマンという訳ではなく、スマートフォン等も多く活用し、プロ、アマの観点を抜きにアクセサリー撮影を堪能しております。そして、日々、職人の制作風景なども撮影。


多種多彩な感性、分野やスタイルが重なりメキシカンジュエリーと一言では括れないジャンルレスな雰囲気が自然と描かれていきます。


メキシコのローカルアクセサリーからのインスピレーション

ここ「ハッピーカンパニー」の目指す方向として、メキシコのジュエラー(職人)の真髄を受け継ぎ、これまでの経験やインスピレーションを生かし、アクセサリーのオーダーメイド等を行う。ここで、そんな異世界な部分であったり、ありのままの職人の日常をご覧いただけたらと思います。


そして、ここは、アクセサリー好き、アート好きな方々と交わる中で密かに築き上げていった痕跡です。


メキシコの伝統や現地のシルバー職人の技法「メキシコヴィンテージについて」

アクセサリーには歴史があり、人がこれまで数々の想いや意味合いを残してきました。デッドストックとヴィンテージアクセサリーの関係性も深く、本来なら残ったシルバーは溶かされて再利用されてしまうのだが…。しかし、そうせずに受け継がれているモノには、何かしらの理由があると考えられます。


アクセサリーには歴史があり、人がこれまで数々の想いや意味合いを残してきました。


オーダーアクセサリーも同様に、その人に深く刻まれるモノである事。長く身に付ける事で、モノの中に想い出や記憶、意志までもが宿る。もちろん感覚や気持ち的な部分ですが、モノから連想する数々のエピソードが、ご本人の心に残されてゆくのだと思います。


それぞれの意味合いに共感し、長い歴史の中で受け継がれてきたモノが存在します。それは意味合いに限らず、伝統として受け継がれてきた技法であったり、作り手の想いだけでなく、それを身に付ける人や求める人の想いが作品に投影されてきたのだと私は思います。


それぞれが独立した考えを持つ事は必然的かもしれませんが、これまでの歴史そのものが、絆という人同士の結びつきを示しているのではないでしょうか?


アクセサリーはどこでどのように作られる?制作現場や作業工程

作品との出会いは"人との出会い"とも深く結びついている事。直接的ではなくとも、作り手と繋がっています。そのアクセサリーは、どこでどのようにして作られたのか?私自身が現地得た事、体感した事を少しでもお伝えする事ができたらと。母国日本で、これまでの事を生かしていけたらと思い開業したアクセサリー工房。30年以上もの間、この小さな隠れ家で、国や地域をこえて人と交わりながら、アクセサリーを展開し続けています。


アクセサリー工房で「職人の視点と身に付ける人の視点」をリアルに写し出すインスタグラム

東京福生の街の片隅で夜な夜なひっそりと活動してきたハッピーカンパニーのスタンスは現在も変わらずです。


交わる方々のご協力もあり、インスタグラムは1000投稿以上に到達いたしました。


今後もアクセサリー、アートに関連する記事や様々な情報や豆知識を公開していけたらと思っております。


HAPPY COMPANY

小倉 盛人


ハッピーカンパニー工房のInstagram


ハッピーカンパニー福生の"これまでのあらすじ"

東京福生を拠点にしたショップ内の工房でアクセサリーを制作し続け、31年目をむかえたハッピーカンパニー。1991年に開業し、その間、世界有数の銀の産地メキシコ・ゲレロ州"タスコ"を旅しながら現地のジュエラー(職人)と交流。そこで多くの作品に触れ、タスコで入手したアクセサリーの数々を公開してきました。タスコの工房で学んだ経験を元に母国日本で自身の作品も展開。ハッピーカンパニーならではのエピソードや職人の日常、アクセサリーに関連した話や豆知識などを発信しています。

2022年1月の火災で建物内のショップと工房が全焼し、それから暫くして山奥に工房を確保。山と郊外を行き来しながらハッピーカンパニーと過去のアクセサリー(メキシコヴィンテージ等)を復活、復元させるための作業を進行中です。
周囲の方々と閃いたアイディア、この一連の流れを「フェニックス計画」と名付け、それを心の支えにしながら数々の作品をリバイバル、そして新しいアクセサリーのラインナップも公開中。"国"を問わずアクセサリーやアートを通じて交流を深めながら様々なオーダーやご要望にお応えしております。

ここは自他共に認めるアクセサリー好きが築き上げた「小さな隠れ家」

ハッピーカンパニー工房のInstagram