アクセサリーコレクションを眺めながら「お家時間」を堪能する

アクセサリーコレクターのディスプレイやライフスタイルを公開

ハッピーカンパニーご愛用者の方々から、これまで送って頂いた写真をご紹介。アクセサリーコレクターの世界や、その人独自ライフスタイル、世界観を想像させる写真の数々です。


コアでニッチなオーダーにお応えするアクセサリー工房「拘りを共有」

各分野において"コアやニッチ"等の言われる世界がありますが、案外、私も含め本人は無意識な感覚に近い。お互いにお手持ちの愛用品についての拘りを語り、共有する。ご自宅のディスプレイやコレクションスペース。アクセサリー好きに限らず「モノ好き」と呼ばれる人達の中で"あるあるな光景"です。

メキシカンジュエリーの真髄の中でフルオーダーやオリジナル作品を制作

私がアクセサリー制作に携わる中で、交流のある方々から送って頂いたアクセサリーのディスプレイ写真や着用写真の数々。


アクセサリーがライフスタイルに自然と馴染んでゆく

コーヒーを味わいながら愛用品をじっくり眺めたりと、お家時間を堪能。いかにひとりの時間を充実させるか、或いは、人との交流の中で生まれる会話、ちょっとした気付きや共有等。アクセサリーやアートを軸に先のビジョンが膨らんでいきます。


アクセサリーをトレーに置く…またはケースに収納

ドレッサーやラックの上でしょうか。トレーにジャラっと置かれたブレスレットやリング。普段から愛用しているアクセサリーは、置く場所を決めておく。この適度にラフさのある日常感がクールに見えます。


ディスプレイラックや専用ショーケース、またはご自身でDIYされたラック等

その人の日常や生活空間の中でスタイルが確立されてゆく。これらも今の時代に合った楽しみ方の一つ。ご自宅でありながらショップのディスプレイを連想してしまう。それぞれのジュエリーライフといったところでしょう。


1]こちらも送って頂いた写真です。自然体のアクセサリーコーデ。長めのブレスレットの留め具(マンテル)を袖から垂らす。


2]コーヒー好きの彼は豆に拘りがあるよう。ハマっているのは、たまたまメキシコ産のコーヒーなのだそう。色々と話が弾みます。


オリジナルアクセサリーを制作「独自の世界観が生まれる」

これまでにアクセサリー好きの同志の方々からいただいた写真の数々をご紹介させていただきました。アクセサリーはモノ単体の魅力のみならず、身に付ける人や空間等、トータルでスタイルが確立されてゆく


アクセサリーは自然と、その人自身のスタイルに馴染んでいくのモノなのかもしれませんね。


ハッピーカンパニー福生の"これまでのあらすじ"
東京福生を拠点にしたショップ内の工房でアクセサリーを制作し続け、31年目をむかえたハッピーカンパニー。1991年に開業し、その間、世界有数の銀の産地メキシコ・ゲレロ州"タスコ"を旅しながら現地のジュエラー(職人)と交流。そこで多くの作品に触れ、タスコで入手したアクセサリーの数々を公開してきました。タスコの工房で学んだ経験を元に母国日本で自身の作品も展開。ハッピーカンパニーならではのエピソードや職人の日常、アクセサリーに関連した話や豆知識などを発信しています。

2022年1月の火災で建物内のショップと工房が全焼し、それから暫くして山奥に工房を確保。山と郊外を行き来しながらハッピーカンパニーと過去のアクセサリー(メキシコヴィンテージ等)を復活、復元させるための作業を進行中です。
周囲の方々と閃いたアイディア、この一連の流れを「フェニックス計画」と名付け、それを心の支えにしながら数々の作品をリバイバル、そして新しいアクセサリーのラインナップも公開中。"国"を問わずアクセサリーやアートを通じて交流を深めながら様々なオーダーやご要望にお応えしております。

ここは自他共に認めるアクセサリー好きが築き上げた「小さな隠れ家」

HAPPY COMPANY

小倉 盛人