メキシカンジュエリーならではの本格的なグアダルーペの加工技術

国という観点を越え、愛されるグアダルーペ。
職人の街メキシコで生涯、グアダルーペに拘り続ける職人が存在し、世界的にも聖母マリアのデザインは親しまれています。
一点一点、繊細な加工を施しているため、表情やデザインが全て異なり、個性があります。
今でも、その技術は健在で、ハッピーカンパニーでは特に90年代以前のグアダルーペの造形やボリューム感に着目し、セレクトしております。